商品の情報にスキップする
1 11
  • 3Dビュアを再生する

HKS401-EB23-JPBK

4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター

(旧名 HKS0401B2U)

定価
21,600円
定価
26,999円
特価
21,600円
配送料は全国無料です。

商品説明:
  • 耐久性と壁取り付け機能を備えた簡単な設置、独自のアルミニウム合金ボディ。
  • 1 組のキーボードとマウスで 4 台の PC を1つのモニターに切り替えて操作する。
  • 3840x2160(4K)@60Hz 4:4:4の解像度をサポート
  • 4種類の切り替えオプション: ホットキー、マウス、赤外線、ボタン。
  • EDIDエミュレーションによる正しい画面表示。
  • パススルーモードでは業界標準を超える K/M 互換性。
  • PCからKVMに接続するの1.5m HDMI/USBコンボケーブル4本が付属。
  • プリンター、USB ドライブなどを共有する USB 2.0 ハブ付き。
  • オーディオ出力付き。
4PC&1モニター HDMI KVMスイッチの比較:
モデル バージョン 解像度 USB オーディオ パススルー
HKS401-P23 アップグレード 4K@60Hz USB 3.0 入力/出力 ある
HKS401-E23 クラシック 4K@60Hz USB 2.0 出力のみ ある
HKS401-L23 スペシャル 4K@30Hz USB 2.0 出力のみ ある
HKS401-EB23 クラシック 4K@60Hz USB 2.0 出力のみ ある
HKS0401A1U 特価版 4K@60Hz USB 2.0 出力のみ ない
HKS0401A30 特価版 4K@30Hz USB 2.0 No ない


    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    4HDMIポート KVMスイッチ 4K60Hz壁掛け可能-2
    4台のPCを管理するKVMスイッチ
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    4HDMIポート KVMスイッチ 4K60Hz壁掛け可能-2
    壁掛け可能のKVMスイッチ
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター

    クイックビュー
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    定価
    21,600円
    定価
    26,999円
    特価
    21,600円

    スペック

    説明

    この 4x1 HDMI KVM スイッチは、クロスプラットフォームのコンピュータ機器を簡単に統合できる優れたフレキシビリティを提供します。 これにより、 HDMI ポートあるディスプレイを1 つ使用して、HDMI ポートあるコンピュータ間に簡単で確実に切り替えることができます。 4x1 HDMI KVM スイッチは USB 2.0 デバイスをサポートし、USB ドライブ、プリンター、バーコード スキャナー、またはその他の USB デバイスを KVM に接続することもできます。 切り替えることはさまざまな方法でコントロールできます。フロント パネルのキー、赤外線信号、キーボードのホットキー、およびマウス ジェスチャで KVM のスイッチをコントロールします。 アナログL/R音声の出力に対応することができます。 キーボードとマウスのパススルー モードがあって, KVM の互換性を向上させることができます。

    包装内容明細
    • 1 * 4x1 HDMI KVM スイッチ
    • 1 * DC 5V 電源アダプター
    • 1 * DC 5V 電源アダプター
    • 4 * KVM (HDMI+USB) ケーブル
    • 4 * KVM (HDMI+USB) ケーブル
    主な特徴
    • 1セットのキーボード、マウス、モニターで4台のPCを制御するができること
    • 指定した時間間隔でコンピュータをスキャンして自動的に切り替えることができること
    • フロント パネル ボタン、赤外線 信号、キーボードのホット キー、およびマウス ジェスチャで、KVM を制御して入力を切り替えること
    • 入力ソースの切り替える後、遅延がなくキーボードとマウスを使用するができること
    • 解像度は3840*2160@60Hz 4:4:4までにいけること
    • HDCP 2.2に合うこと
    • プリンタ、USB ドライブなどが USB 2.0 に挿して共有すること
    • 各入力ポートに EDID エミュレーターを使用して、PC に常に正しい表示情報を維持するができること
    • Raspberry Pi およびその他の Linux ベースのシステム用の Unix/Windows/Debian/Ubuntu/Fedora/Mac OS X/Raspbian/Ubuntu をサポートすること
    • デバイスの電源を切らずに、いつでも KVM スイッチへのデバイスのホットプラグに接続または切断するができること
    • アナログL / Rオーディオを出力するができること
    • HDR 10 とドルビー ビジョンをサポートするができること
    • キーボードとマウスのパススルー モードがあって、KM の互換性が高くなること
    サポートシステム

    Raspberry Pi およびその他の Linux ベースのシステム用の Unix/Windows/Debian/Ubuntu/Fedora/Mac OS X/Raspbian/Ubuntu をサポートします

    安全対策
    • 1. 製品の取り付けには5V電源を使用してください。 不適切な電源を使用すると、製品や機器に損傷を与える可能性があります。
    • 2. 電源ケーブルや充電ケーブルなどのケーブルは、電気的、つまずき、または安全上の問題を回避するように配置および配線される必要があります。
    • 3. 製品の回路基板が露出している場合は、通電中の製品に触れないでください。 

    特徴

    クイックビュー
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    定価
    21,600円
    定価
    26,999円
    特価
    21,600円

    クイックビュー
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き 壁掛け可能 | 4PC&1モニター
    定価
    21,600円
    定価
    26,999円
    特価
    21,600円

    Customer Reviews

    Based on 2 reviews
    100%
    (2)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    モニター切り替えのパフォーマンスを向上させる

    この10ヶ月間、私はほとんどWindowsノートパソコンを机の後ろの壁に取り付けたままにしていた。このノートパソコンはMac Miniデスクトップマシンとキーボードとモニターを共有している。

    キーボード用のUSBケーブルを別々に接続し、モニターの入力を切り替え、別のマウスを使うことで両者を切り替えていた。これは少し面倒だったが、キーボードとマウスは問題なく動作した。本当に苦労したのはモニターだった。時々、切り替え後にモニターが何秒もちらついたり、切り替えに失敗して真っ暗になったりして、机の後ろからノートパソコンを取り出して画面を開く必要があった。

    結局、私はKVMスイッチを買ってきて、この問題を解決することにした。これでモニターの問題が解決するかもしれないとアドバイスを受けていたからだ。しかし、すべてのKVMスイッチが同じというわけではない。この特定のブランドは、高価ではあるが、両方のコンピューターが常にモニターに接続されているかのように動作するエミュレーションを提供し、スイッチをきれいに動作させる。もっと安いKVMスイッチは試したことがないので、この使用例でも使える可能性はあるが、私が読んだレビューを読む限り、そうではないだろう。

    KVMスイッチには、高品質と思われるケーブル、電源コード、リモコンが付属している。リモコンには単4電池が必要で、付属していない。また、キーボードショートカットとマウスショートカットの機能があるので、便利な切り替えのためのオプションがたくさんある。

    すべてプラグアンドプレイで使用できた。私はマウスアクセラレーションをコントロールするためにサードパーティのソフトウェアを使用しているため、接続後にMacを再起動する必要があった。

    デザインもいい。すべてのケーブルが背面から出ているので、ケーブルの管理にとても役立ちます。(私が見た他の製品の中には、ケーブルが前と後ろの両方から出ているものもあった)。

    エレクトロニクスのデザインで私が嫌いなもののひとつに、消せない不要なLEDライトがある。
    この製品にはいくつかのLEDインジケーター・ライトがあるが、それらは実用的な目的を果たすもので、どのデバイスがオンラインであり、現在どれが選択されているかを示すものだ。とはいえ、その機能は本当に必要ないので、電気テープで覆ってしまうかもしれない。

    レスポンスは、ビジネスやレジャーのコンピューティングには問題なく、直接接続との違いは感じない。ゲームについてはまだテストしていない。私はStarcraft IIのプレイヤーとしては凡庸なので、違いを感じることはないだろうが、スピードベースのコンピューターゲームを高度にプレイする人なら、自分のニーズに合っているかどうか、さらに詳しく調べたほうがいいだろう。

    健一
    Windows/Mac/Linuxをサポートする素晴らしいWFH KVM

    様々なレビューを読んで、これを買うことにかなり懐疑的だったが、試してみることにした。私の接続デバイスは4つある:
    - USB-C接続のMacbook Pro 13(仕事用)、HDMIとUSBはAppleの公式マルチメディアドングルで接続。
    - Macbook Pro 13 (2015モデル) HDMIとUSBを直接接続
    - Windows 10 VMをUnraid上で実行し、HDMIをGTX 1080に、USBをFresco Logic USB 3カードに接続。
    - UnraidのLinuxボックスで、HDMIをインテルの統合グラフィックスに、USBを統合USBポートに直接接続。

    モニターにはLGのウルトラワイドを2560x1080 @ 60Hzで使用し、ロジクールのGProキーボードとG502マウスを使用しています。

    短所
    + 主要な欠点は1つだけなので、最初に欠点を挙げておこう。ロジクールGハブソフトウェアは、当たり外れが大きい。うまくいくこともあれば、いつまでも「接続中」と表示されたまま動かないこともある。マックでは何もせず、ウィンドウズではなんとなく動く。マウス/キーボードをマウス/キーボード以外のポートに差し込むと、ロジクールは常にそれを認識するが、ホットキーが使えなくなり、PCが変わるたびに接続が切れたり再接続されたりする。私は、ロジクールの設定を各デバイスのオンボードメモリに保存し、KVMキーボード/マウススロットに差し込むことでこれを回避しました。私はこれらを定期的に再設定することはないので、最終的に支払う代償は本当に小さかった。
    + 唯一の欠点は、時々接続がおかしくなったり、同期が取れなくなったりすることだ。私が見た中で最大の原因はUSB-Cマックにある。アップルブランドでないUSB-Cスイッチに接続しようとすると、うまく動作しないことがあるが、アップルブランドのUSB-C to Multimediaアダプターを使用すると、再起動時にマウスが動作しなくなることがあるものの、概ねスムーズに動作する。一般的に、電源のオフとオンをクリックするとほとんどの問題が解決し、問題はかなり少ない。

    長所
    + これは素晴らしい。EDIDエミュレーションは、私のモニターと解像度で非常にうまく機能する。すべてのデバイスから真の60HZ出力が得られ、切り替えには1秒ほどかかる。以前は他のスイッチ/KVMを使っていたが、特にマックとウィンドウズを切り替えるときに大きなタイムラグがあった。また、EDIDエミュレーションのおかげで、モニターを切り替える際に常にマックが自動ロックされるのを防ぐことができる。
    + 入力選択ホットキー」は本当に素晴らしい。スクロールを2回押し、数字を押して別の入力を選択するのは、正真正銘のゲームチェンジャーだ。すべてのデバイスを素早くきれいに切り替えられるようになった。
    + オーディオ・パススルーも非常によく機能する。私は小型のサウンドバーを3.5mm出力に接続しているが、HDMIの切り替えは90%の確率でとてもきれいに行われる。時折、わずかに「ポン」という音がしますが、それほど大きな音ではありませんし、オーディオに問題や遅延が発生したこともないので、ここでも本当に満足しています。
    + おそらく通常使うことはないだろうが、通常のUSBポートが用意されているのはありがたい。通常のUSBパススルーが可能なので、それはありがたい。
    + キーボードとマウスのパススルーは、(CONSの注意点を除けば)ほとんどの部分でとてもうまく機能している。私のロジクールGProキーボードのボリュームキーやマルチメディアキーなどの特別な機能はすべて使えるし、普段やっていることはすべて期待通りに動作する。Logitechのオンボードメモリの存在を知ってからは、GHubの損失はもう大した問題ではありません。
    + スイッチのボタンはよく機能し、必要なら簡単に押せる。
    + ブルーライトは目立つが、明るすぎることはない。私は、暗闇でまぶしいくらいのLEDを搭載したデバイスをいくつも持っているが、このLEDは目につきやすいものの、暗い部屋でもまったく目がくらむことはない。より薄暗いLEDを選んでくれたことに本当に感謝している。

    リモートやマウスを使って機能を切り替えたことはないし、今後も使うことはないだろう。このKVMは、私の期待のほとんど全てを上回っており、短所は間違いなく回避可能であり、私はそれらと共存することができる。このKVMは安くはないが、最も高価なものでもない。WFH環境で、素早く切り替える必要があり、ケーブルを管理できるのであれば、このKVMは間違いなく検討すべき素晴らしい選択肢だ!

    より多くの質問