商品の情報にスキップする
1 13
  • 3Dビュアを再生する

HKS401-P23-JPBK

4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz USB3.0 EDID付き | 4PC&1モニター

(旧名 HKS0401A3U)

定価
20,400円
定価
25,499円
特価
20,400円
配送料は全国無料です。

    最新のアップグレード:
    • USB 3.0 ドッキングステーション:スーパースピードデータ転送レートの USB 3.0 ポートで、1 つは充電機能を提供します。
    • 新しいフロントパネルのボタンにより、モニターシグナルの切り替えと制御がより簡単になりました。
    • 統合マイクとL/Rオーディオ出力を新たに追加しました。
    商品説明:
    • 1組のキーボードとマウスで4台のPCを1つのモニターに切り替えて制御します。
    • PCとKVMスイッチを接続するの1.5m HDMI/USBケーブルが4本を付属します。
    • 3840x2160(4K)@60Hz 4:4:4 解像度のサポートします。
    • パススルーモードで業界基準を超えた優れたK/M互換性を備えています。
    • EDIDエミュレーションによる正確なモニター表示機能があります。
    • 4種類の切り替え方法:ホットキー、マウス、IR、およびボタン。
    4PC&1モニター HDMI KVMスイッチの比較:
    モデル バージョン 解像度 USB オーディオ パススルー
    HKS401-P23 アップグレード 4K@60Hz USB 3.0 入力/出力 ある
    HKS401-E23 クラシック 4K@60Hz USB 2.0 出力のみ ある
    HKS401-L23 スペシャル 4K@30Hz USB 2.0 出力のみ ある
    HKS401-EB23 クラシック 4K@60Hz USB 2.0 出力のみ ある
    HKS0401A1U 特価版 4K@60Hz USB 2.0 出力のみ ない
    HKS0401A30 特価版 4K@30Hz USB 2.0 No ない
    4HDMIポート KVM スイッチ USB3.0-1
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz USB3.0 EDID付き | 4PC&1モニター
    デスク周りを整える
    4HDMIポート KVM スイッチ USB3.0-2
    USB3.0KVMスイッチ
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz USB3.0 EDID付き | 4PC&1モニター
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz USB3.0 EDID付き | 4PC&1モニター
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz USB3.0 EDID付き | 4PC&1モニター
    スマートEDIDエミュレーション
    無遅延KVMスイッチ
    4HDMIポート KVM スイッチ USB3.0-3
    4 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz USB3.0 EDID付き | 4PC&1モニター
    • 国内配送無料

      日本全国国内に配送無料。商品の配達は5-7営業日でお届け。

    • 30日間返品・返金保証

      製品故障、互換性による返品の送料は弊社が負担

    • 無償技術サポート

      メール·チャットボットでサポートを無料で提供

    • VIP会員向け3年間保証延長

      VIP会員加入後、保証期間が1年間から3年間に延長、保証期間中に製品を無料交換。

    主な特長

    主な特長

    • USB 3.0ドッキングステーション:スーパースピードデータ転送レートのUSB 3.0ポートで、1つは充電機能を提供します。
    • 新しいフロントパネルのボタンにより、モニターシグナルの切り替えと制御が簡単になりました。
    • 統合マイクとL/Rオーディオ出力を新たに追加しました。
    • HDMI 2.0は、4K(UHD)3840 x 2160 @ 60 HzおよびQHD 2560 x 1440 @ 144 Hzの解像度をサポートします。
    • HDCP 2.2サポートにより、PC、ノートパソコン、ゲーム機などの接続が可能です。
    • パススルーモードにより、さまざまなゲーム用キーボードやLEDキーボードと優れた互換性を持ち、USBエミュレーションに頼る他のKVMスイッチを超えます。
    • 21:9ウルトラワイドおよび32:9スーパーウルトラワイドモニターと互換性があります(リフレッシュレートは60 Hzに制限されます)。
    • ゲーム機、ストリーミングボックス、NVRなどの非PCデバイスと接続して切り替えが可能です。有線、無線、メカニカル、ゲーム用キーボードのほとんどと互換性があります。
    • ホットキー、マウスジェスチャー、フロントのプッシュボタン、リモコンを使用して入力を切り替えます。
    • 追加のステレオアナログオーディオ出力により、モニターのスピーカーまたは外部スピーカーの選択が可能です。

    その他の特長

    • スクロールロックまたは右CTRLに割り当て可能なホットキートリガー。
    • プリンター、USBドライブ、USBヘッドセット、ウェブカムなどのUSB共有に対応し、テレビ会議に使用できます。
    • 1秒から250秒まで調整可能なオートスキャン機能。
    • HDMI経由でモニターにオーディオを送信し、KVMに外部スピーカーのステレオ出力を提供します。
    • 簡単なセットアップ。ドライバー不要のプラグアンドプレイで、ほとんどのIT部門のセキュリティプロトコルと互換性があります。
    • Windows、MacOS、Linux/Unix、Raspberry Pi、Xbox、PS4、Apple TV、Firestickなどに対応。

    技術仕様

    • 解像度/リフレッシュレート:4K@60 Hz、QHD@144 Hz、FHD@144 Hz。
    • HDR 10 - HDCP 2.2 - Dolby Vision - 4:4:4クロマサンプリング。
    • 解像度とアイコンを維持するためのEDIDエミュレーション。
    • ゼロレイテンシーのキーボードとマウスの切り替え。
    • IRリモコン(電池は含まれていません)。AAA*2電池が必要です。
    ご購入前に

    包装内容明細

    4本の1.5m HDMI/USBコンボケーブル(PCからKVMへの接続用)。

    • 1 * 4x1 HDMI KVMスイッチ
    • 1 * DC 12V電源アダプター
    • 4 * KVM(HDMI+USB)ケーブル
    • 1 * IRリモコン
    • 1 * ユーザーマニュアル

    配送

    • 日本への配送は無料で提供しております。通常は5日~7日間でお届けできます。
    • 基本保証1年間、延長保証3年間
    • TESmart KVMスイッチは、購入日から1年間の保証が付いています。VIP会員をご登録いただくと、3年間に延長することができます。保証は、通常の使用における材料または製造上の欠陥に適用されます。保証期間内に不具合が発生した場合、新品交換可能です(修理不可、交換のみ)。
    サポート

    FAQs

    • スイッチは、デュアルモニター出力のために各PCの両方のHDMI入力からビデオ信号を受信する必要があります。
    • オーディオはHDMI接続経由で送信されます。オーディオを使用するにはHDMI対応のモニターが必要です。
    • ホットキーは、専用のマウスまたはキーボードポートに接続されたキーボードからトリガーされます。
    • エミュレーションプログラムはマウスおよびキーボードポートから削除できないようにロックされています。
    • 専用のマウスおよびキーボードポートは他の種類のUSBデバイスに使用しないでください。USB 3.0ポートの数を増やすには、パワードUSBハブを使用してください。
    • 無線マウス/キーボードが動作が不安定な場合は、受信機からの距離を短くするためにUSBエクステンダーを使用してください。
    • リモコンを使用する前に2本のAAA電池を取り付けてください(電池は含まれていません)。

    互換性情報

    • 専用のマウス&キーボードポートにはエミュレーションプログラムがあります。第2世代のチップセットには、「パススルーモード」があり、マルチメディアキー(再生、一時停止、音量アップ/ダウンなど)などの特殊文字を送信できるため、キーボードの互換性が大幅に向上します。
    • Logitech Options、DAS Q、Corsair iCUEなどのキーボードソフトウェアはエミュレーションプログラムと競合し、専用のマクロキーの使用を制限します。このようなソフトウェアを使用したい場合は、回避策としてKVMのUSB 2.0ポートを使用することをお勧めします。USB 2.0ポートにはエミュレーションプログラムがないため、KVMはホットキースイッチングコマンドを認識しません。必要に応じて、パワードUSBハブを使用してUSB接続性を拡張してください。

    詳細情報

    ハイブリッドな生活を改善しましょう

    素早い切り替え、安定したパフォーマンス、幅広いデバイス互換性で生産性を最適化します。KVMスイッチの利便性と効率を新たなレベルで体験してください。

    Customer Reviews

    Based on 2 reviews
    50%
    (1)
    50%
    (1)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    幸博
    これまで使用した中で最速のスイッチング KVM

    私は 20 年以上 KVM を使用しており、そのうち少なくとも 5 つは経験していると思います。 この HDMI/USB 3.0 TESmart KVM は、私が今まで使用した KVM の中で断然高速に切り替えます。 ディスプレイが切り替わるにはまだ数秒かかりますが、ワイヤレス Logitech K270 キーボードをキーボード専用の USB ポートで使用すると、切り替えはほぼ瞬時に行われます。 マウス専用の USB ポートにワイヤレス Logitech M705 マウスを接続していますが、これもうまく機能します (キーボードとマウスに別々のユニファイド レシーバーを使用しています)。 PC 間を切り替えるためのキーボード ホットキーは完全に機能します。 KVM の背面にある専用のキーボードとマウスの USB ポートを使用する場合の唯一の欠点は、OS のバッテリー レベル インジケーターが機能しないことです。 マウスまたはキーボードの統合レシーバーを KVM の前面 USB 3.0 ポートに交換すると、バッテリー レベルは OS で正常に機能します。 ただし、キーボードの切り替えはそれほど活発ではありませんし、もちろんホットキーもありません。 Logitech のマウスとキーボードの電池は非常に長持ちするため、OS の電池残量を気にせず、ホットキーを操作し、統合レシーバーの専用マウスとキーボード ポートを使用して切り替えを高速化することにしました。

    古い HP プリンタは KVM の背面にある USB 3.0 ポート経由で正常に動作し、必要に応じて共有したい別のデバイスに前面ポートを使用できます。

    OS のワイヤレス マウスとキーボードのバッテリー レベルが KVM の専用マウスとキーボードの USB ポートで動作していれば、KVM に 5 つ星を付けていたでしょう。

    敏幸
    期待以上だった

    元々は2ポートのIOGEAR KVMを交換するために購入しました。このモデルを選んだ理由は、4ポートであること、レビューが良かったこと、独自仕様ではないモジュラーケーブルであること、USBハブを接続するための独立したUSBポートがあること、そしてセルフパワーであることでした。

    今夜セットアップを終えてみると、期待していたよりもずっと性能が良いことがわかりました。

    設置場所は?落下の心配がないように、3Mのベルクロを3本使って机の下に設置した。机の下にあるため、IRポートは机の支えでブロックされており、IRリモコンを簡単に使うことはできない(有線リモコンがなかったので少し心配だった)。キーボードショートカットは信頼でき、パススルーモードのオン・オフに関係なく機能するので、これは私にとって損失ではなかった。TL;DRこのKVMは簡単に隠すことができ、ワイヤレスキーボード/マウスからのショートカットをすべての機能に使用することができます。

    ビデオ性能: 以前使っていたIOGEARのKVMは60hzに制限されていて、私のモニターは165hzに対応しているため、ダイレクトケーブルを引き、KVMをusb専用にしなければならず、がっかりした。この新しいKVMはこのことを宣伝していなかったが、私はこれでHDMIを通して144hzをプッシュできるようになったのだ!しかし、モニター入力を切り替えることなくKVMを使えるようになったので、とても満足している。

    USBのパフォーマンス: サムドライブなどのスループットはテストしていませんが、ANKERのUSBハブに接続したところ、何の問題もなく、すべてのデバイスを瞬時に検出しました。私はこれをUSB 2.0ポートに接続している(念のため)。

    キーボードとマウス: ポートが2つあり、K/Mと表示されているが、どちらがどちらかは明記されていない。これは紛らわしいと思ったが、現実的にはIOGEARのKVMと違って、どちらに挿しても問題ない。私はLogitech K800を使っているが、マルチメディアキーはすべて動作する(パススルーモードの場合)。しかし、パススルーモードでないときは、標準以外のキーがすべて「メニュー/右クリック」キーのように動作することがわかった。ちょっと腹立たしいが、簡単に直った。しかし、マウスはちょっと違う。私はロジクールのG603を使用しているが、KVMのマウスポートに接続すると、カーソルが断続的に画面上をホップし、全体的に信頼できないことがわかった。ジェスチャー」を使いたくなかったので、KVMにマウスを接続するメリットがなかったので、あまりいじらなかった。そのため、電源付きのUSBハブに接続したところ、完璧に動作しました(ロジクールのソフトウェアが認識することも含めて)。

    まとめると、私はこれまで多くのKVMを使ってきたが、どのKVMにも特有の問題があり、私を悩ませてきた。しかし、箱から出してすぐに何の問題もなく使えたKVMはこれが初めてだ。これは非常にお勧めだ。何ヶ月、何年か経って何か問題があれば、またレビューを更新します。) よくやったTESmart。