KVMスイッチャーについて知っておくべきすべて

2024 03.23

KVMとは何か、そしてその用途は何か?

個々の作業役割が複数のコンピュータを頻繁に使用する必要がある場合、彼らは多くの場合、多数の周辺機器を使用することになり、デスクトップ環境が混乱して無秩序になります。1セットの周辺機器(キーボード、マウス、モニター)だけを使用して、複数のコンピュータをシームレスに切り替えて制御できる単一のデバイスがあるとしたら、それはどれほど便利でしょうか。この問題の最適な解決策はKVMスイッチャーで、KVMはキーボード、ビデオ(Video)、マウスの略です。この巧みなハードウェアデバイスにより、複数のPCやゲーム機を1つのモニター、キーボード、マウスに接続することができます。これは、独自のキーボード、マウス、モニターが不要になった場合、作業関連の補助装置として、またはストリーミング再生や家庭用メディアサーバーの実行として使用される場合に非常に便利であり、貴重なデスクトップスペースを節約できるという利点もあります。

KVMスイッチャーは、「CATx KVMスイッチャー」とも呼ばれることがあります。これは、Cat5eやCat6のような銅製ケーブルを使用して様々なデバイスを接続するためです。管理者は、KVMスイッチャーパネル上の指定されたボタンを単に押すことで、あるサーバーから別のサーバーへシームレスに切り替えることができます。本質的に、KVMスイッチャーは直感的なボタン操作でユーザーが簡単にコンピュータを切り替えることを可能にし、スペースの節約と冗長なコンポーネントの排除に非常に有益です。これは、複数のコンピュータを同時に稼働させている場合、各システムに個別のモニター、キーボード、マウスを購入する必要がないことを意味します。代わりに、一度の購入で必要が満たされ、このスイッチャーを使用することで、異なるマシン間で迅速に切り替えることができます。

 

KVMスイッチャーの仕組み

KVMスイッチャーの動作原理は複雑に思えるかもしれませんが、簡単に言うと、コンピュータの周辺機器を模倣し、継続的に「偽の」信号を維持します。切り替える際には、KVMスイッチャーが模擬信号を実際の周辺機器の信号で置き換え、スムーズで障害のない切り替えを提供します。通常、コンピュータのオペレーティングシステムは、起動時に自動的にキーボード、マウス、ディスプレイの信号を検出しようとします。これらの接続が確認されるまで、ディスプレイには起動ページが表示されません。一方、KVMスイッチを使うことで、ユーザーは信号の模倣を通じて正確に切り替えることができ、これによりコンピュータCPUへの悪影響がないことが保証されます。

KVMスイッチャーは、複数のデバイスを接続する中央ハブとして機能します。通常、デバイスはCat5ケーブルや専用のKVMケーブルキットを使ってKVMスイッチャーに接続されます。デバイス間で切り替えるには、すべての対象デバイスをKVMスイッチャーに接続し、そのスイッチャーをキーボード、ビデオディスプレイ、マウスに順に接続します。KVMスイッチャーは、信号コントローラーとしても見なすことができ、キーボード、ビデオディスプレイ、マウスを介してこれらのネットワークデバイス間で入出力信号を誘導し、物理的にケーブルを抜き差しすることなく簡単にデバイスを切り替えます。過去には、プラグアンドプレイ技術が存在しなかったため、キーボードやマウスを交換したい場合は、CPUが任意の周辺機器を検出できるようにコンピュータを再起動する必要がありました。現在ではそのようなことは必要ありませんが、KVMスイッチャーは似たようなことを行っており、接続が存在するとCPUを騙して、最終的な切り替えプロセスがスムーズに行われるようにしています。

 

あなたがKVMスイッチャーを必要とするかもしれない理由

個人使用が1台のPCやゲーム機に限られている場合、KVMはあなたにとってあまり意味がないかもしれません。しかし、クリーンな作業環境を好む、またはデスクトップスペースが限られている場合には、KVMが非常に適しています。以下はKVMが必要になる可能性があるいくつかの理由です:

1. 混乱を減らす:KVMスイッチャーはデスクトップ上のケーブルや周辺機器の数を大幅に減らすことができます。KVMがない場合、通常、使用するPCの数だけの周辺機器セットが必要ですが、KVMスイッチャーがあると周辺機器の数を大幅に減らすことができます。これは特に作業が乱雑な場合に重要で、正しいキーボードやマウスを探すために焦ることがなくなり、より重要なことに、コーヒーカップをひっくり返してキーボードにコーヒーがこぼれるリスクも大幅に減少します。

2. 便利性を提供する:KVMスイッチャーは内蔵USBインターフェースを介して2台のコンピュータ間でファイルを簡単に転送できるようにもします。KVM使用前には、1セットのキーボード、マウス、ディスプレイで2台のホストを制御したい場合、切り替えるたびにデバイスを抜き差しする必要がありました。これは多くの不便と時間の浪費を引き起こします。KVMスイッチャーがあれば、切り替えモード(通常はボタン一つで操作)を使って入力ソースをシームレスに切り替えることができ、非常に便利です。

3. お金を節約する:KVMスイッチャーの価格は時に驚くほど低く、基本的な2台のPCを制御できるKVMスイッチャーの価格は数十ドルから始まります。例えば、TESmartのHKS0201A2Uであれば、89ドルで高品質のHDMIインターフェースKVMスイッチャーを手に入れることができます。キーボード、マウス、ディスプレイのフルセットを購入するよりもはるかにコストが抑えられます。

4. 追加のUSBポート:典型的なKVMはデータ転送に便利な追加の内蔵USBポートを持っており、一部のポートは携帯電話の充電にも使用できます。この機能は非常に快適で、いくつかの充電ポイントを節約できます。

 

KVMスイッチャーの全タイプ

KVMスイッチャーを分類する方法は多数ありますが、信号タイプによる分類は公平な方法です。異なるインターフェースタイプ間のビデオ信号は全く異なり、外観の違いだけでなく、各信号タイプには独自の組み込み伝送プロトコル、帯域幅、および伝送速度があります。

HDMI KVMスイッチャー

HDMI KVMスイッチャーはHDMI信号の切り替えを提供し、ビデオ品質に影響を与えません。これらのスイッチャーは、遅延なしに迅速な切り替え時間を提供します。放送、高級医療イメージング、インタラクティブデジタルサイネージ、ホームシアター、さらには工業自動化などの用途に非常に適しています。

HDMI KVMは、ユーザーにとって最も一般的で、最も頻繁に購入されるオプションです。

私たちのHDMI KVMについてもっと知る:TESmart HKS401-P23 - 4台のPCと1台のモニター用、USB3.0、4K60Hz。

VGA KVMスイッチャー

VGA KVMエクステンダーは、経済的でスムーズなリアルタイムの切り替え体験を提供するのに適しており、最大1920x1200のVGA信号の切り替えが可能です。これらのスイッチャーは、2、3、または4のVGAビデオコネクタをサポートし、各チャンネルのビデオヘッドに簡単にアクセスできます。

DP(DisplayPort)KVMスイッチャー

近年登場したデジタルビデオポートであるDPポートは、HDMIインターフェースと比較して高い帯域幅を持ち、設計の難易度が低い一方で、HDMIポートと同様にオーディオ伝送をサポートしています。普及率はHDMIインターフェースほど高くありませんが、電子競技、高品質なイメージビデオの設計や編集分野で広く使用されています。

私たちのDP KVMスイッチャーの詳細を見る:TESmart DKS201-E232 ポート KVM スイッチ DP 4K60Hz EDID付き

 

DVI KVMスイッチャー

他のインターフェースとは異なり、DVIはオーディオ伝送をサポートしません。DVI KVMエクステンダーは、信頼性の高いデジタルビデオ体験を提供し、VGAなどの従来のアナログフォーマットの制約を克服するように設計されています。これらのタイプのスイッチャーは、シングルリンクまたはデュアルリンクのDVI-DやDVI-Iをサポートし、パッシブまたはアクティブビデオコンバーターを使用してアナログVGA信号との後方互換性を提供することも可能です。これらのスイッチャーは、信頼性の高いデジタルイメージ品質と迅速な切り替えを必要とする重要なエンタープライズレベルのアプリケーションに非常に適しています。例えば、放送局のプレイアウトセンター、プロセスの監視と制御、リハーサルラボ、データセンターなどです。

USB KVMスイッチャー

USB KVMスイッチャーは基本的にUSB Type-Cをインターフェースとして使用しています(実質的に全てがそうであると言えます)。Type-Cの優れた伝送プロトコルにより、USB Type-C KVMスイッチャーは通常、より小さく、追加のオーディオインターフェースを必要としません。一部のデバイスでは、単一の入力ケーブルを使用して複数のディスプレイ出力を実現できます。

私たちのUSB Type-C KVMスイッチャーをチェックしてください:TESmart CKS202p23

 

混合 KVMスイッチャー

名前が示すように、単一のKVMは複数のタイプのビデオインターフェースを同時に持つことができます。実際に、このタイプの混合インターフェースKVMは非常に一般的です。それは、さまざまなビデオ信号を統合し、より多くのデバイスとの互換性を持つ利点を持っています。

 

KVMスイッチャーの最適な使用シナリオ

ホームオフィス

通常、自宅で働く人は複数のコンピュータを持っています。例えば、ゲーム用のPCやゲーム機などです。リラックスしたい時、KVMスイッチャーは非常に適しています。ボタンをクリックするかホットキーを押すだけで、3秒以内にゲームエリアに切り替えることができます。

最適なゲーム体験のためのKVMをチェックしてください:HKS201-P23 - 4K 60Hz、ワンタッチ切り替え、USB3.0対応

オフィス

すべてのオフィスデスクにKVMスイッチャーが非常に適しており、特にITプログラマー、ネットワーク、コンピュータエンジニア、アートデザイナーに最適です。自宅での作業とは異なり、オフィスの人々は2つ以上のスクリーンを使用する可能性が高いです。

ネットワークコントロールセンター

多くのコントロールルーム、例えば鉄道の配備室では、各スタッフが複数のコンピュータを監視し、複数のオペレーティングシステムを操作する必要があります。KVMスイッチャーは個人使用に非常に便利であるだけでなく、大規模システムにも適しています。スタッフはいつでも画面の内容を切り替えることができ、管理者も画面表示のコントロールを一元化できます。

データセンター

多くのデバイスやサーバーを制御する必要があるため、KVMスイッチャーはデータセンターで頻繁に使用されます。その他、LAN管理、実験室、製造操作、複数のコンピュータを備えたデスクトップなど、KVMスイッチャーが頻繁に使用される場面もあります。

 

双画面または複数画面KVMスイッチャーとは何か?

KVMは複数のディスプレイで機能することができます。しかし、これには特定のモデルが必要です。たとえば、TESmartのHKS0402A1Uのように、2台のコンピュータを2つのディスプレイに接続することが可能なモデルです。各コンピュータには2つのHDMIが必要で、正しく接続された場合、リモコン、ホットキー、またはKVMのフロントパネルコントロールを通じてディスプレイを操作できます。HKS0402A1Uは、デュアルスクリーンやミックススクリーンモードをサポートしており、ユーザーは自分の好みに応じてカスタマイズしてコントロールすることができます。複数画面にも同様のことが言えますが、通常の状況では、各ホストが出力ソースと同じ数のケーブルを入力ポートに接続する必要がある点に注意が必要です。たとえば、3つの画面にコンテンツを表示したい場合、ホストは3本のデータケーブルをそれぞれの入力ポートに毎日接続する必要があります。

三画面KVMスイッチャーについての詳細:HKS403-P23 - 4台のPCと3画面をサポート、USB3.0、最大4K 60Hz

 

切り替え方法は以下の通りです。

1.リモートコントロール切り替え

リモートコントロールは通常、最も便利で迅速な切り替え方法です。特定のキーを押すだけで、瞬時に信号を切り替えることができます。リモートコントロール切り替えにより、ユーザーはKVMを遠隔で制御し、距離の制限から解放されます。また、大規模なシナリオで管理者が複数の画面や複数の信号源を迅速に制御できるようにします。

2.フロントパネルボタン切り替え

多くのKVMスイッチャーには、PCの信号源をクリックして切り替えるボタンがあります。複数画面KVMでは、フロントパネルには通常、ユーザーが単一画面とすべての画面を統一して制御するために切り替えることができる複数のボタンがあります。

3.ホットキー切り替え

ほぼすべてのブランドには独自のホットキー切り替えコンビネーションがあります。TESmartブランドの場合は、下に示されたボタンを簡単に押すだけで切り替えることができます。信号源を制御するだけでなく、ホットキーにはさらに多くの実用的な使用法があります。詳細は製品マニュアルを参照してください。

4.マウスジェスチャー切り替え

マウスジェスチャーモードは、特定のTESmartモデルの特別な切り替え方法です。画面の端を2回迅速にタップするだけで、KVMが自動的に入力ソースを切り替えます。このモードはデフォルトではオフになっており、ホットキー+ホットキー+F12の組み合わせで有効化する必要があります。

5.マウスホイール切り替え

これも特定のTESmartモデルにのみ適用される特別な切り替え方法で、通常は最新の製品で使用されます。マウスホイール切り替え方法では、マウス操作で瞬時に入力ソースを切り替えることができ、マウスホイールをダブルクリックして次の入力ポートに切り替えます。マウスホイール切り替えモードはデフォルトでオフです。キーボードのホットキーコマンド[右Ctrl] + [右Ctrl] + [F6]を使用してマウスホイール切り替えモードを有効にできます。

結論

KVMスイッチャーが全ての人に適しているわけではありません。しかし、あなたや同僚がデジタルワークスペースで複数のデバイスを使用している場合、KVMの使用を開始することで生産性を向上させ、作業環境をより快適にすることができます。試してみたいと思うなら、自分自身のKVMスイッチャーを使用し始めるのに、今がちょうど良い時期です。

コメントを残す

コメントを公開するためには承認される必要があると気を付けてください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。