商品の情報にスキップする
1 9

HKS1601-E23-JPBK

16 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き RS232/LANポート | 16PC&1モニター

(旧名 HKS1601A1U)

定価
64,499円
定価
64,499円
特価
64,499円
配送料は全国無料です。

  • KVMスイッチには、PCとKVMスイッチを接続するための8本のHDMI/USBケーブルが付属されました。

  • 一組のキーボード、マウスとモニターだけで 16 台のPCを制御できます。

  • 最大 3840*2160@60Hz 4:4:4、HDMI 2.0 および HDCP 2.2 をサポートします。

  • USB周辺機器を共有するための2つのUSB2.0ポートがあります。

  • KVM スイッチを制御する方法:フロントパネルボタン、キーボードホットキー、赤外線リモコン、自動切り替え、RS232 シリアルコマンド、または IP コマンド。

  • EDIDエミュレーター機能があるため、PC の情報を正しく表示できます。

  • パススルー機能付きで、キーボードとマウスの互換性が高いです。



    16HDMIポート KVM スイッチ 4K60Hz-1
    16HDMIポート KVM スイッチ 4K60Hz-2
    16HDMIポート KVM スイッチ 4K60Hz-3
    USB2.0ポート付きの16ポートのKVMスイッチ
    複数の切り替え方法を選択可能のKVMスイッチ
    監視センターや医療用のKVMスイッチ
    HDCP2.2支持のKVMスイッチ
    16 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き RS232/LANポート | 16PC&1モニター

    クイックビュー
    16 ポート KVM スイッチ HDMI 4K60Hz EDID付き RS232/LANポート | 16PC&1モニター
    定価
    64,499円
    定価
    64,499円
    特価
    64,499円

    スペック

    説明

    この16x1 HDMI KVM スイッチは、クロスプラットフォームのコンピュータ機器を簡単に統合できる優れた柔軟性を提供します。1 つのHDMI準拠ディスプレイを使用して、HDMI コンピュータ間を簡単かつ確実に切り替えることができます。16x1 HDMI KVM スイッチは、USB2.0ハブとUSB2.0キーボード/マウスをサポートします。KVMのUSB2.0ハブポートを使用することで、USBドライブ、プリンター、バーコードスキャナー、またはその他のUSBデバイスをKVMに接続することもできます。 切り替えは、フロントパネルのボタン、RS232コマンド、IPコマンド、IR信号、キーボードのホットキーなどのさまざまな方法で制御できます。 各入力ポートにEDIDエミュレーターを搭載して、PCにつねに正しい表示情報を保持し、入力ポートの切り替え中に表示設定が変更されるのを防ぎます。

    包装内容明細
    • 1 * 16x1 HDMI KVM スイッチ
    • 1 * DC 12V 電源アダプター
    • 1 * 赤外線リモコン
    • 8 * KVM (HDMI+USB) ケーブル
    • 1 * IRレシーバーケーブル
    • 2 *ラックイヤー
    • 1 * 3 ピンコネクタ (RS232 用)
    • 1 * ユーザーマニュアル
    主な特徴
    • l 1組のキーボードとマウスだけで16台のPCを制御
    • l Unix /Windows /Debian /Ubuntu /Fedora /Mac OS X /Raspbian /Ubuntu for Raspberry Piおよびその他のLinuxベースのシステムをサポート
    • l 各入力ポートでEDIDエミュレーターを搭載して、PCがつねに正しい表示情報を持つ
    • lホットプラグをサポートし、電源を切らずにいつでもデバイスを KVMスイッチに接続あるいは切断
    • l 指定した時間間隔でコンピュータを監視する自動切り替えをサポート
    • l KVMスイッチを制御するためのフロントパネルボタン、IR信号、キーボードホットキー、RS232シリアルコマンドまたはIPコマンドをサポート
    • l 入力ソースの切り替え後も遅延なくキーボードを使用可能
    • l 最大3840*2160@60Hzの解像度をサポート
    • l 追加の標準USB2.0ハブポートを使用すると、バーコードスキャナ、USBハードドライブ、またはその他のUSBデバイスをコンピュータに直接接続するのと同じようにKVMに接続
    • l HDMI-to-DVI アダプタを使用して、DVI-D シングルリンクソースとディスプレイをサポート
    サポートシステム

    Raspberry Pi / Unix /Windows /Debian /Ubuntu /Fedora /Mac OS X /Raspbian /Ubuntu およびその他の Linux ベースのシステムをサポートします。

    安全対策
    • 1. 製品の取り付けには12V電源を使用してください。 不適切な電源を使用すると、製品や機器に損傷を与える可能性があります。
    • 2. ケーブル(電源コードおよび充電ケーブルを含む)の配置と配線は感電、つまずき、または安全上の危険がないようにしなければならない。
    • 3. 製品の回路基板が露出している場合は、電源が入っている間は製品に触れないでください。

    特徴

    Customer Reviews

    Based on 2 reviews
    100%
    (2)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    0%
    (0)
    しっかりした製品でお値打ちだが、いくつか小さな問題がある。

    まず、このような製品は、実際にはモニターやソース機器、ケーブル、ソフトウェアの問題であるかもしれない問題で非難される可能性が高いことを認めたい。そのため、私はメーカーに同情しており、特に魅力的な価格帯と最先端の機能を考えれば、多少の小さな問題は見逃して5つ星の評価を与えたいと思うのはそのためかもしれない。

    私がこの製品を選んだ主な理由は3つある。1つ目は、以前使っていたKVMスイッチで動作しなかったKinesisキーボードがあったからです。Q&Aセクションに質問を投稿したところ、ベンダーはUSBパススルー機能で動作すると保証してくれた!第二に、私は少なくとも1440p@60Hzの能力が必要であった(これは私がテストした中で最も高い能力である)。3つ目は価格で、KVMメーカーが劣悪な仕様のスイッチで請求する価格よりはるかに安い。

    テスト内容:8ポートすべてと付属ケーブル4本すべてを試した。上述したように、試した最高解像度は2560x1440 @ 60Hzだった(ただし、オーディオや内蔵イーサネットはなし)。また、HDMI -> DVIケーブルを使って、1600x1200 @ 60 HzのDVIモニターでもテストしました。私が試したデバイスには、古いIntel統合グラフィックス(Windows)、2つのNvidia GPU(Windows & Linux)、古いAMD GPU(Linux)、Raspberry Pi v3、ODROID-N2がある。私が試した最長ケーブルは4.6m(15フィート)だ。キーボードについてはすでに述べたとおりだが、ポインティングデバイスはロジクールのワイヤレスで、問題なく動作するようだ。ネットワークコントロールやOSDは試していない。IRリモコンは試しましたが、ほとんどフロントパネルのボタンを使っています。

    ODROID(最新のUbuntu 20.04 arm64インストールでオープンソースのドライバを使用)以外は、ほとんど問題なく動作したが、スイッチ経由で1440pモニターとの自動ネゴシエーションに失敗した。ログをざっと見たところ、モニターはオーディオ対応なので、問題はオーディオ・ネゴシエーションに関連しているようだ。興味深いことに、直接接続で起動させ、スイッチに移すとうまくいく。ということは、この問題はグラフィカルなログイン画面に特有なのかもしれない。いずれにせよ、私はもうそのモニターでは使っていないし、そうでなければ独自のMali GPUドライバーを使うようにアップデートしていただろう。

    ケーブルが何本か同梱されていたのは良かったが、4本しか同梱されていないのはどうかと思う。ケーブルの長さは約1.5mで、私のマシンのうち3台に届く長さしかない。使えないケーブルが4本増えると値段が上がってしまうので!

    短所:

    * 青い数字LEDが不快なほど明るい。薄暗くする方法はないが、2つのダッシュだけを表示させることができる。私はおそらく、この上にほとんど不透明な素材(おそらく静電気防止袋から切り取った正方形)をテープで貼るつもりだ。明るさの設定が複数あるか、単純にもう少し暗ければよかった。

    * ゴム足が付属していない。これは、実は前に使っていたKVMスイッチと同じです。私はそのために大きくてがっしりした足を買ったのですが、それをこじ開けてこのユニットに貼り付けることができました。

    * 電源ケーブルが短すぎる。延長コードを使わなければならなかった。

    * ファームウェアのアップデートはできないようだ。ネットワーク経由のアップデートはセキュリティ上の問題があることは想像できるが、USB経由でアップデートできるといいのだが?

    * ネットワーク・ポートといえば、制御プロトコルが公開されているといいですね。

    * 選択したポートが生きているかどうかのインジケーターがありません。電源が入ると自動的にマシンに切り替わるので、スイッチが生きていることを検出できるのは知っています(これはディスプレイのオートネゴシエーションにとって重要なことかもしれませんね)。

    全体的に、このスイッチには気に入る点がたくさんある。様々なコントロール方法があるのもいい。スイッチングノイズを無効にできるのもいい。スイッチはファンレスで、私の限られたテスト範囲内では涼しいままだ。ラックマウントオプションはいいが、今のところ使っていない。フロントパネルのオン/オフスイッチは便利そうだが、実際には必要ない。

    完璧なKVMスイッチを探すのに長い時間を費やしましたが、この製品はそれに近いと思います。ありがとうございました!

    Y
    Yasuhiro
    優れたラックマウントKVM

    ビデオ画質は4k@60hzと良好で、キーボードやマウスの反応速度も良い。
    リモコンは入力を変更するのに適している。リモコンを使いたくない場合は、ダウンロード可能なアプリでネットワークに接続して画面を変更することもできる。
    数ヵ月後、ポートの1つがデバイスやケーブルに接続できなくなったため、デバイスをRMAしなければならなかったが、TESmartはRMAの設定と新しいKVMの発送に迅速に対応してくれた。
    全体として不満はなく、私の問題が単なる一過性のものであったと仮定しています。

    より多くの質問