KVMスイッチのディスプレイモードによるマルチタスキングの利点

2023 08.10

TESmartのKVM切替製品は、複数のコンピューター間を切り替えるだけでなく、独自のディスプレイモードも備えています。このブログ記事では、TESmartのKVM切替製品の4つのディスプレイモード、「ミラーモード」「エクステンドモード」「分割画面モード」「ピクチャ・イン・ピクチャモード」を紹介し、それぞれのシナリオでの適用方法を説明します。

 

ミラーモード

ミラーモードは、TESmartのKVM切替製品の独自のディスプレイモードです。このモードでは、KVMスイッチは同じコンピューターの信号を2つのディスプレイに同時に送信できます。このモードは、複数の人が同時に同じコンテンツを見る必要があるプレゼンテーション、トレーニング、会議室などのシナリオで一般的に使用されます。

 

例えば、企業のトレーニングシナリオでは、複数の従業員に同時に新しい製品、サービス、または戦略を紹介する必要があります。単一のディスプレイを使用する場合、プレゼンテーション画面を直接見ることができる人はわずかであり、他の人は視認性を競争したり、サイドスクリーンから見たりする必要があります。この方法は不便で注意を散漫にしてしまいやすくなっています。しかし、TESmartのKVM切替製品をミラーモードで使用することで、同じプレゼンテーション画面を複数のディスプレイにミラーリングすることができ、全ての従業員がプレゼンテーション内容を明確に見ることができるため、作業効率が向上し、エラーや誤解を減らすことができます。

 

エクステンドモード

エクステンドモードは、TESmartのKVM切替製品のもう一つの独自のディスプレイモードです。このモードでは、KVMスイッチは複数のコンピューターを同じディスプレイに接続し、画面スペースを複数のスクリーンに拡張することができます。このモードは、通常、マルチメディア編集、ソフトウェア開発など、複数のスクリーンを同時に使用する必要があるシナリオで使用されます。

 

例えば、マルチメディア編集シナリオでは、編集者は通常、ビデオ編集、音声編集、画像編集などのコンテンツを同時に表示する必要があります。1つのディスプレイしかない場合、異なるタスクウィンドウ間を頻繁に切り替える必要があり、作業効率が低下します。しかし、TESmartのKVM切替製品をエクステンドモードで使用することで、複数のコンピューターを同じディスプレイに接続し、画面スペースを複数のスクリーンに拡張することができ、編集者が複数のタスクウィンドウを同時に表示し、作業効率を向上させることができます。

 

ミックススクリーンモード

ミックススクリーンモードは、複数の入力ソースを複数の出力デバイスに表示できるディスプレイモードです。TESmartのKVM切替製品が提供するミックススクリーンモードは、複数の入力ソースを複数のディスプレイに表示できるため、複数の入力ソースを同時に異なるディスプレイに表示できます。ミックススクリーンモードは、監視室、コマンドセンター、マルチプレイヤーゲームなど、複数の入力ソースを同時に表示する必要があるシナリオで通常使用されます。

 

例えば、監視室では、セキュリティ担当者が複数の監視カメラの映像を同時に表示する必要があります。ミックススクリーンモードを使用することで、すべての監視映像を複数のディスプレイに同時に表示することができます。また、マルチプレイヤーゲームでは、複数のプレイヤーが同時に異なるゲーム画面を見る必要があります。ミックススクリーンモードは、複数の入力ソースを複数のディスプレイに表示することができ、プレイヤーがゲームをプレイするのにより便利です。

 

TESmartのKVM切替製品は、ミックススクリーンモードの複数のオプションを提供しており、複数の解像度やディスプレイ比率にも対応しており、異なるディスプレイやデバイスに適応できます。同時に、ミックススクリーンモードはクイックモード切替やキーボード・マウス切り替えにも対応しており、ユーザーが簡単に異なる入力ソースを切り替えてコントロールすることができます。さらに、USB 2.0やUSBキーボード・マウス伝送にも対応しており、大容量データの伝送やファイル共有が必要なシナリオに適しています。

 

ピクチャ・イン・ピクチャモード

ピクチャ・イン・ピクチャモードは、TESmartのKVMスイッチ製品の独自のディスプレイモードです。このモードでは、KVMスイッチは複数のコンピューターからの信号を同じ画面に表示し、1つのコンピューターの信号をメインウィンドウで拡大表示し、他のコンピューターからの信号をメインウィンドウの周りの小さなウィンドウに表示します。このモードは、通常、複数のコンピューターのコンテンツを同時に表示する必要があるシナリオで使用されます。

 

ォームのウィンドウ間を頻繁に切り替える必要があり、効率が低下します。しかし、TESmartのKVMスイッチ製品のPIPモードを使用すると、複数の取引プラットフォームからの信号を同じ画面に表示し、1つの取引プラットフォームの信号をメインウィンドウで拡大表示し、他の取引プラットフォームからの信号をメインウィンドウの周りの小さなウィンドウに表示することができます。トレーダーは複数の取引プラットフォームのデータを同時に表示し、効率が向上します。TESmartのスイッチシリーズは、ピクチャ・イン・ピクチャ表示機能をサポートするための技術アップグレードを進めています。アップグレード版のスイッチでこの強力な機能をご利用いただけるようになりますので、お楽しみに。

 

TESmartのKVMスイッチのおすすめは以下です:

TESmart 2 ポート HDMI KVMスイッチ - HKS0402A1U-JPBK: この製品は、ミラーモード、エクステンドモード、およびミックススクリーンモードをサポートしており、金融取引、コントロールルーム、産業自動化など、複数のコンピューターが同時にコンテンツを表示する必要があるシナリオに適しています。また、高精細な1080P信号伝送をサポートし、高速切り替えモードやキーボード・マウスの切り替え機能も備えており、異なるコンピューター間を簡単に切り替えてコントロールすることができます。さらに、USB 2.0やUSBキーボード・マウス伝送にも対応しているため、大容量データの伝送やファイル共有が必要なシナリオにも適しています。

 

TESmart 4ポート DisplayPort KVMスイッチ - PKS0401A10-JPBK: この製品は、ミラーモード、エクステンドモード、およびミックススクリーンモードをサポートし、金融取引、教育・トレーニング、医療手術など、複数のコンピューターのコンテンツを同時に表示する必要があるシナリオに適しています。また、高精細な4K@60Hz信号伝送や高速切り替えモードもサポートしており、異なるコンピューター間を簡単に切り替えてコントロールすることができます。さらに、USB 2.0やUSBキーボード・マウス伝送にも対応しているため、大容量データの伝送やファイル共有が必要なシナリオにも適しています。

 

 

要約

まとめると、TESmartのKVMスイッチ製品には、ミラーモード、エクステンドモード、ミックススクリーンモード、PIPモード、PAPモードの5つの異なるディスプレイモードがあります。これらのモードは、さまざまな使用シナリオやニーズに適応し、作業効率を向上させ、誤解や脆弱性を減らすことができます。TESmartのKVMスイッチ製品はまた、複数の解像度やディスプレイ比率、USB 2.0やUSBキーボード・マウス伝送、そして高速切り替えモードやキーボード・マウスの切り替え機能もサポートしています。企業、医療、金融、設計などの分野で、TESmartのKVMスイッチ製品は、効率的で便利で安定した多画面作業体験をユーザーに提供することができます。この記事は、TESmart公式ウェブサイトの専門知識ブログとして元々投稿されました。

コメントを残す

コメントを公開するためには承認される必要があると気を付けてください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。