キーボード - 異なるタイプと接続性を持つ多様な周辺デバイス

2023 08.24

キーボードは最も一般的に使用される不可欠な周辺デバイスです。さまざまな顧客ニーズに対応するため、市場におけるキーボードの種類と外観はますます多様化しています。

 

キーボードの種類

  • メカニカルキーボード:メカニカルキーボードの各キーには、個別のスイッチ(「スイッチ」または「アクシス」とも呼ばれる)があります。キーを押すと、スイッチが動作して信号が発生します。メカニカルキーボードにはさまざまな種類があり、Cherry MX Blue、Red、Brown、Black、および異なるメーカーからの専用スイッチなどがあり、それぞれ独自のタイピング体験を提供します。一部のメカニカルキーボードにはRGBバックライトやカスタマイズ可能な照明効果もあります。
  • メンブレンキーボード:メンブレンキーボードには、キーが押されると接続される金属の接点を持つ導電性フィルムがあります。キーが押されるとさまざまなコマンドが送信されます。これらはコスト効果があり、静かで携帯に適していますが、一般的にRGB照明やメディアコントロールなどの高度な機能が不足しています。メンブレンキーボードの一般的なブランドにはLenovo、Dell、およびノートパソコンに搭載されているものが含まれます。
  • コンデンサキーボード:コンデンサキーボードは、キーの押下を検出するために容量の変化を使用します。各キーは個別に検出され、キーホスティングがないことが保証され、感度と精度が向上します。コンデンサキーボードは良好な触感と静かな操作を提供します。コンデンサキーボードの主なブランドにはRealforceやHHKBがあります。

 

キーボードのレイアウト

  • 104キー:メインキー、ファンクションキー、および編集キーを含むレイアウトの主流の標準キーボード。
  • 108キー:104キーのキーボードに似ていますが、補助キー領域に追加のマルチメディアキーがあります。
  • 87キー:104キーのキーボードの補助キー領域を省いたコンパクトなバージョンです。
  • 61キー:104キーのキーボードの補助キー領域およびファンクションキー領域を省いたコンパクトなバージョンです。

 

一般的な接続オプション

  • Bluetooth:Bluetoothを介してペアリングと接続が可能で、持ち運びやすく便利です。有線接続と比較してわずかに安定性と遅延が低い場合があります。ほとんどのワイヤレスBluetoothキーボードは最大3つのデバイスに接続でき、素早く切り替えることができます。
  • 2.4GHzワイヤレス:コンピュータへの接続にはUSBレシーバーが必要です。Bluetoothよりも応答時間が速いですが、追加のUSBポートが必要です。
  • 有線:長いデータケーブルを介して(通常USBインターフェースを通じて)接続されます。遅延はないですが、デスクトップが乱雑になる可能性があります。

 

結論

市場のほとんどのキーボードは、有線やワイヤレスなど複数の接続オプションをサポートしており、Bluetooth、2.4GHzワイヤレス、有線などの複数のモードに対応しています。これにより、ユーザーは自分のニーズに合わせてより多くの選択肢を利用できます。

コメントを残す

コメントを公開するためには承認される必要があると気を付けてください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。